おばみつ 小説。 おばみつ小説書いてました。

小説 おばみつ 小説 おばみつ

💕 すべてを理解した伊黒は恐怖で震えました。 公式でも小芭内は、蜜璃に一目惚れしたと公表されています。

16
小説 おばみつ 小説 おばみつ

😝 最終的には 甘露寺蜜璃らしさを失ったら大事な物も守れないと気付かされ胡蝶しのぶに背中を押されるエピソードです。 それまで、口を開けば嫌味ばかりの、嫌われ者キャラだった伊黒。

小説 おばみつ 小説 おばみつ

💙 いままでギャグ扱いの多かった甘露寺のことだから、あんなやり取りをしながらも、後日談でひょっこり顔を出すのでは?と考察するファンもいました。

6
小説 おばみつ 小説 おばみつ

🤛 一方の炭治郎はどうかというと、まだカナヲに対して意識しているという事はないでしょう。 和菓子がほっこりおいしそうな小説『和菓子のアン』 主人公の梅本杏子は、ちょっと太めの女の子。

9
小説 おばみつ 小説 おばみつ

🌏 胡蝶しのぶに対して伊黒小芭内は甘露寺蜜璃の様子がおかしいと相談を持ちかけます。

8
小説 おばみつ 小説 おばみつ

😇 炭カナは炭治郎君が頑張れと励ましているのと 原作でもカナヲにも好きな男の子できたら変わるわのあとに 炭治郎君カットあるし、炭治郎君はさておき 甘酸っぱい初恋カナヲちゃんなので ぜんねずも同じ事ですよね 小説版ではげんや君とすみちゃんがちょっと絡みあります 蝶屋敷で暴れる患者から助けて感謝される程度です。 二人が今後結ばれる事もあったかもしれません。

1
小説 おばみつ 小説 おばみつ

📲 そういえば、今世で鏑丸に出会ったのもクリスマスだったなっと俺は13年前を思い出していた。 特に伊アオは伊之助の女に興味がないというところが好きだったファン達が、イメージが壊れたと思っているのでしょうね。