派遣 法 改正 2020。 派遣法改正(2021年)を分かりやすくご説明いたします♪|ドムコラム

法 改正 2020 派遣 法 改正 2020 派遣

🙏 派遣法の歴史 雇用主と実際の業務監督者が異なる「間接雇用」という働き方は、戦前から人材あっせん業として存在していました。 派遣元管理台帳・派遣先管理台帳への記載義務 労働者派遣契約を締結した派遣元と派遣先は、それぞれ、派遣元は、派遣元管理台帳に、派遣先は、派遣先管理台帳に、 雇用・受け入れを行う派遣労働者ごとに、労使協定を締結しているか否か・派遣労働者が従事する業務に伴う責任の程度を 記載することが義務づけられました(労働者派遣法37条1項1号、42条1項1号)。

9
法 改正 2020 派遣 法 改正 2020 派遣

💔 キャリアアップ措置• つまり情報開示は、同一労働同一賃金を確実に行うためには必ずセットで実施しなくてはならないのです。

4
法 改正 2020 派遣 法 改正 2020 派遣

👆 「派遣先均等・均衡方式」は、派遣先企業の待遇に合わせることで、派遣先企業の通常労働者と派遣労働者の「同一労働同一賃金」を実現しようとするものでした。 厚生労働省が公開しているマニュアルも参考にしてください。

20
法 改正 2020 派遣 法 改正 2020 派遣

✊ 派遣労働者については、派遣先の従業員との不合理な待遇格差解消の実現を目指しています。 しかし、 労使協定が締結されていない場合は、均等・均衡方式が選択されているとみなされてしまうという点に注意が必要です。

15
法 改正 2020 派遣 法 改正 2020 派遣

⚛ 改正派遣法対応を「弁護士」に依頼する理由 会社側(特に派遣会社)で、改正派遣法への対応が急務であることを理解いただいたところで、改正派遣法への対応を「弁護士」に依頼する理由を説明します。

法 改正 2020 派遣 法 改正 2020 派遣

😇 労使協定は、派遣元事業主と、その従業員の過半数代表者(または過半数労働組合)との間で締結する必要があります。 厚生労働省によれば、待遇の決定には「職務の内容」と「職務の内容・配置の変更の範囲」に加えて「その他の事情」が考慮要素になるとのことですので、具体的な事情を含めて判断しましょう。 派遣先における、派遣労働者からの苦情の処理について ・派遣労働者から、労働関係法上(労働基準法・労働安全衛生法・育児休業・介護休業等)に関する苦情があった場合、 派遣先企業も主体的に対応する義務を設ける。

2
法 改正 2020 派遣 法 改正 2020 派遣

❤ パートタイム労働法では、これらに加えて、「昇給の有無」「退職手当の有無」、「賞与の有無」の3つの事項を文書の交付など(3つの事項についてはパートタイム労働者が希望した場合は電子メールやFAXでも可能)により、速やかに、パートタイム労働者に明示することが義務付けられています。 「労使協定方式」の場合に必要な情報提供 前述のとおり、人材派遣会社が「労使協定方式」を選択した場合でも、派遣先が実施する教育訓練や派遣先が提供する福利厚生施設の利用については同方式の対象外となるため、結局は「派遣先均等・均衡方式」が適用されます。 待遇差の内容・理由の説明の義務 事業者は、非正規労働者から求められた場合、正社員との待遇差の内容や理由について説明することが義務となります。

4