バッハ 無 伴奏 チェロ 組曲。 バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番」【解説と名盤】

組曲 バッハ チェロ 無 伴奏 組曲 バッハ チェロ 無 伴奏

🤭 ムラヴィンスキー LPO リマスタリングされて半年暗い前に出たやつ。 番外編 リリアン・フックス Lillan Fuchs ヴィオラによる演奏。 少し速めの サラバンドでは、しみじみした歌が、貰い泣きを誘わんばかり。

16
組曲 バッハ チェロ 無 伴奏 組曲 バッハ チェロ 無 伴奏

🤭 優しさと慰めの音楽として完璧な演奏。 ちなみに私の好きな演奏のCDは・・・ フランク・・・クリスチャン・フェラス(Vn)、ピエール・バルビゼ(Pf) {グラモフォン}1965 ベルリン まだまだこれからだったフランス、ヴァイオリン界の逸材(惜しくも40代の若さで逝く)フェラス。

11
組曲 バッハ チェロ 無 伴奏 組曲 バッハ チェロ 無 伴奏

😙 私が聴いたブル8は ブーレーズ CD ヴァント NDR BPO クナ MPO 63? シューリヒト VPO EMIから出てるやつ。 彼の全曲録音では、今回は試聴しなかったが、1962年のMercury盤が名高く、今でもベストに挙げる評者もいる。

2
組曲 バッハ チェロ 無 伴奏 組曲 バッハ チェロ 無 伴奏

☣ これはこれで、非常に楽しめる内容となっている。 プレリュード以外は、とにかく徹底して軽い音を使用した演奏で、そのことによってバッハの楽譜から新しい感情を掘り起こしたことを評価したい。 「大穴」として… アーノンクール 当時はハルノンクールとクレジットされていたかも知れません!彼は本来チェロ奏者でしたので、ハル モニアムンディに「まともな」録音も残しています。

2
組曲 バッハ チェロ 無 伴奏 組曲 バッハ チェロ 無 伴奏

🍀 2 ブラームス こちらはシューマン以上に録音がたくさんあるので,なかなかに絞りがたいものがありますね。 音色は全体にやわらかく、とても魅力的。 すなわち、後世のカザルス演奏無伴奏チェロ組曲のレコードやCDって、全てがSPレコードからの復刻盤なわけです。

16
組曲 バッハ チェロ 無 伴奏 組曲 バッハ チェロ 無 伴奏

🤲 第1楽章 プレリュード 緩ー急のです。

4
組曲 バッハ チェロ 無 伴奏 組曲 バッハ チェロ 無 伴奏

☏ そして、単に技量という観点からすれば、その後のチェリストによる演奏の方により優れたものがあるとも言えなくもない。 ここでは次項のヤープ・テル・リンデンを 紹介するページ構成にしましたが、質が違うので正直甲乙つけ難いです。 古楽系の演奏を聴いてみたい…という向きは、やはりこれを試されるべきであろう。

組曲 バッハ チェロ 無 伴奏 組曲 バッハ チェロ 無 伴奏

🤫音量は、似たような感じになるように私が調整しています。 の時代 時代の伴奏とは、『 』でした。 他との比較は意味をなさないため、殿堂入りとした。

10
組曲 バッハ チェロ 無 伴奏 組曲 バッハ チェロ 無 伴奏

🐝 ユ ダヤ系ではないながら、アメリカではその人格も含めて大変高く評価されているようです。 79年の旧盤はバロック・チェロということで、ピリオド奏法的な不均等なリズムと小節単位 のテンポ・ ルバートなど、 拍の粘り が聞かれ、途中で走り出すような伸縮もあります。