きめ つの や い ば 203。 【あらすじ】『鬼滅の刃(きめつのやいば)』202話(23巻)【感想】

203 い ば や きめ つの 203 い ば や きめ つの

🤪 禰豆子に帰ろうといわれるたび炭治郎は雄たけびを上げ禰豆子にさらに襲い掛かります。

14
203 い ば や きめ つの 203 い ば や きめ つの

☝ あんな優しかったのに、元の炭治郎に戻れよぉおおと炭治郎の背中をボカボカと叩く伊之助。

18
203 い ば や きめ つの 203 い ば や きめ つの

😗 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」203話より引用 心配だった目は、失明することなく見えているようですよ!! お互いの無事を確認できて微笑む二人でした。

5
203 い ば や きめ つの 203 い ば や きめ つの

🤭 自分たちがした悲しい思いや苦しい思いを、他の人にはして欲しくなかった人たちだから。

3
203 い ば や きめ つの 203 い ば や きめ つの

😂 笑 炭治郎が人間に戻ったことで、やっと安心できたのか力が抜けてしまう義勇。

11
203 い ば や きめ つの 203 い ば や きめ つの

💢 大正から100年も経った現代が描かれるのであれば、二人の生まれ変わりがいてもおかしくないはず。 私にはいつも死の影がぴたりと張りついていた 私の心臓は母親の腹の中で何度も止まり、生まれた時には 死産 しざんだと言われ 脈もなく呼吸もしていなかった 荼毘 だびに付されようという 際 きわに もがいてもがいて 私は産声を上げた 私は私が強く念じたことを必ず叶えてきた、実行してきた しかし1個体にできることは限界があった 産屋敷 うぶやしき、お前の言ったことは正しかったと認めざるを得ない 生き物は例外なく死ぬ 想いこそが永遠であり、不滅。

203 い ば や きめ つの 203 い ば や きめ つの

📱 建物の中にはがいて、茶々丸も生き残っていることがわかった。 次号は巻頭カラー 鬼を葬った炭治郎達 その行く末とは 最新話感想反応まとめ 全員修復可能? 水柱 腕欠損、痣 風柱 指欠損、腹部裂傷、痣 音柱 腕欠損、片目失明 やっぱり無惨様細胞でみんなの欠損治すんか? カナヲちゃんの活躍 あれだけやって失明してませんよ。 鬼滅の刃202話 ・薬以外の根性とか絆で鬼化が治るなら今までの話なんだったんだよとなるから効くかどうかは別として薬でどうにかする展開には納得している ねずこが薬で治ったなら鬼炭にも使われて当然 薬が出来上がってく時系列的なものが伏線としてもう少し上手く描かれてたり、もっといろんな人が協力して薬の開発に力を入れてるような描写があったなら、いざという時の薬頼みで全然いいんだが、さすがにこれは後付け感がすごくて、一気にチープに見えるんだよな 死んでった奴らなんだったんだよ お館様はなによりもまず薬柱を立てろよと ・あれを薬でどうにかするよりもっといい 描きかたあるよな、これなら仲間達と 禰豆子の説得で動きが鈍り元に戻りかけるって ほうがいいと思う、しかも カナヲが「これが最後の一本…」 と出してきたのは作者の頭が悪すぎる 何でそれを無惨に使わなかったのか? と言われること位考えれば分かることだろ ・薬で生まれた存在だから薬が出まくるのはセーフ理論はよう分からんわ じゃあ最初から鬼滅の薬剤師にすればよかったのに ・炭治郎に関しては人間に戻すのに薬を打つ必要あるから展開の変えようがないし薬が悪目立ちした無惨戦の展開が良くなかったな… ・薬は飲み過ぎると悪化する場合もある。

203 い ば や きめ つの 203 い ば や きめ つの

😙 それでも唸り声を上げる 炭治郎 たんじろうに今度は 嘴平伊之助 はしびらいのすけが 「やめろーーーっ! 次の瞬間、 炭治郎 たんじろうの顔や体の皮膚を焦がしていた音がピタリととまします! 冨岡義勇 とみおかぎゆうは 「 陽光灼 ようこうやけが止まった! このまま幸せに過ごしてもらいたかったところですが、そうはいかないのでしょうか? 伊黒が死んでしまうというフラグが過去を描かれてから立ったままでしたが、こんな悲しい最期にしてしまうのでしょうか? はっきりとした死は描かれていないので、望みはまだありますが、どうなってしまうのでしょうか? 無惨戦が終わりどうなる? vs無惨って、無惨編とかいうわけじゃないよね??これからさらに延ばすとかだったら嫌だな…しかしジャンプならありえる… — ののの osakeganomenai 以前の予告で「VS無惨クライマックス」とありました。 これはすべてお前の妄想だ、やめろと無惨。

2