ころ も へん 過。 過・渦・蝸・禍・鍋

過 へん ころ も 過 へん ころ も

😔 「〇禍」という表現が今ではやや時代がかったものになり、なじみが薄くなっていることも影響しているような気がします。

17
過 へん ころ も 過 へん ころ も

✊ コロナ渦は間違った表記で「ころなうず」は間違い。

3
過 へん ころ も 過 へん ころ も

😇 コロナ禍の由来 現在、世界的に影響を与えている新型コロナウイルス。

10
過 へん ころ も 過 へん ころ も

⚓ もう自由に電車やひこうきに乗れるようになりましたが、ウイルスをおじいちゃんおばあちゃんのところに持っていくことだけはさけねばなりません。 今後このような事がないように読み返して訂正しておきます。 自分が実際に母親となり、どのような過酷な環境で育ったかを考えることがあり、そのたびに胸が締め付けられます。

9
過 へん ころ も 過 へん ころ も

☣ しかし、新型コロナウイルスのD614G変異がパンデミックに及ぼす影響については、研究者の間で疑問の声があがっている。 むしへんの『蝸(かたつむり・か・にな)』や、つちへんの『堝(るつぼ・か)』も似ているため、間違えないように気を付けましょう。

17
過 へん ころ も 過 へん ころ も

👍 みんなで一緒に歌をうたうのは楽しいよね。

過 へん ころ も 過 へん ころ も

👏 つい、心が曇りそうになりますが、必要以上にネガティブになっても状況は変わりませんし、むしろ立ち向かう気力をそいでしまうでしょう。

13
過 へん ころ も 過 へん ころ も

🤣 新聞の見出しなどで頻繁に目にするようになった『コロナ禍』ですが、その読み方や意味を知っていますか?「実は読み方が分からなかった」という人は、ぜひこの機会に正しい読み方を知っておきましょう。 そのような中で生まれた言葉が「コロナ禍 ころなか 」です。

10
過 へん ころ も 過 へん ころ も

⚔ それでも心配な時は、まどを開けて外に向かってみんなで歌ってみよう。 あまりほかの人にきびしくしすぎて、みんながぎすぎすしてしまうこともあります。

18