トニック ドミナント。 初心者でも分かる!ドミナントコードの役割と効果を徹底解説

ドミナント トニック ドミナント トニック

🙃 コードは三種類に分類できる• ハ長調ではソ、イ短調ではミの音である。 トニック、ドミナント、サブドミナントのコード トニック、ドミナント、サブドミナントをルートに持つコードも、同じく トニック (主和音)、 ドミナント (属和音)、 サブドミナント (下属和音)と呼ばれています。 「トニック」とは、真逆な性質を持っています。

10
ドミナント トニック ドミナント トニック

☭ 「ドミナントが調を決定する」といっても過言でないくらい、存在感のあるコードです。 この図の内容は覚えてくださいね。 頭文字を取ってそれぞれ T、 Dとも表されます。

ドミナント トニック ドミナント トニック

😝 サブドミナント的なIImのコード 続いて、同じくCメジャースケールでIV(F)とIIm(Dm)を比べます。

7
ドミナント トニック ドミナント トニック

💕 ハモって味わう和声法シリーズのコンセプト 結論から述べます。 G7の7音のファは主音ドと5度で協和しますが、やはり根音自体が協和している和音Fよりは協和性が劣ると思います。 長調についてだけ説明しましたが、同じ音の集まりで、ラドを中心のハーモニーとする「短調 ラシドレミファソラ 」にも同じことが言えます。

6
ドミナント トニック ドミナント トニック

👉 ただ、ドを中心音として感じているときには、「シからドへ進むこと」あるいは「シがド以外に進むこと」という「ドに対するシの関係」と比較してしまえば、ドが絡まない、「ミからファに進むこと」や「ミがファ以外に進むこと」というような「ファに対するミの関係」は重要ではありません。

18
ドミナント トニック ドミナント トニック

❤️ ドミナントからサブドミナントへ進行するのは弱進行といって弱い響きになり、一般的に禁足扱いになりますが、ロマン派以降ではかなり使っている例もあり、おしゃれな楽しい雰囲気として使われることもあります💡 サブドミナント(サブドミナント博士、Dm博士) やや不安定な響きで、ふわふわとした印象を与えるコードです。

14
ドミナント トニック ドミナント トニック

👐 「スター・トレック」の各クルーは、それぞれに個性をもっていてその個性が融合して 「スター・トレック」になっています。 付加6のシックスコードはI度とIV度上にのみ使えます。

3